8月9日(金)
福岡藤原塾が開催されます

2013年7月28日

3か月に一度、開催されている福岡藤原塾です。

参議院選挙も終わり、政治も動いていますが、世界の動きや、国内の状況は

どのようになっていくのでしょうか。また、経営者はその時にどのように

行動することになるのでしょうか。

政治や環境の変化に翻弄されることなく、経営を続けなければなりませんが、

その指針になるものをつかむ場でもあります。

 

日時 14時受付 14時30分開講~18時

場所 天神ビル11階

定員 40名 

会費 8000円  (藤原先生を囲んで懇親会、4千円)

 

 

8月8日(木)
経営研究会・原則編を開催します

2013年7月28日

毎月、各週3回にわたって木曜日に開催している経営原則編です。

8月はお盆休みの関係で開催日が変則的になっていますが、ご協力ください。

原則編は経営の柱になる部分を取り上げています。

原理原則ということで経営には欠かせないものに限定しています。

経営者にとってはすでに実行していることや、分かっていることがほとんどでしょう。

唯間違って覚えていたことや、初めてのこともあるかもしれません。

一度、原点に戻って経営を見直す方には最適です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

課題 経営原則

日程 8月8日(木)10時~11時30分 (以後2回については打ち合わせの上決定)

定員 4名 (経営者、後継者限定)

場所 再生クラブ(アサコ博多ビル10階)

会費 1万円 (3回合計)

 

8月1日(木)
致知研究会

2013年7月28日

月刊致知を教材にして、毎週朝8時から開催していますが、8月1日は特別講座になります。

掃除の実践によって社会を変えてきた多くの先輩経営者の方々がいます。

今回はその活動の事例として、福岡ビル開発の西依社長推薦のDVDを観ることに

いたしました。

 

日時 8月1日(木)午前8時~9時

定員 8名

場所 再生クラブ (アサコ博多ビル10階)

会費 千円

 

 

 

8月1日(木)
講座を開催します

2013年7月28日

 

8月の経営研究会は商品について考えていきます。

商品はお菊のお金と交換できる唯一のものですが、お客にとって有効でしょうか。

社会にとって役立つものでしょうか。

それは社員にとって理解されているでしょうか。

多くの類似品の中で、どのような優位なものを備えているでしょうか。

ただ、複雑さや付属品が多くついていることが付加価値と考えていないでしょうか。

労働を提供することが商品価値を上げることだと考えてはいないでしょうか

そのようなことを前半、後半の2回に分けて話し合っていきます。

前編は8月1日、後編はお盆休みの関係で、参加者と打ち合わせの上決定します。

・・・・・・・・・・・・・・・

課題 商品について

日程 8月1日 10時~11時30分、(後編は参加と打ち合わせの上決定)

定員 4名

場所 再生クラブ (アサコ博多ビル10階)

会費 2万円 (全編、後編 合計)

 

 

粕屋経営研究会

2013年7月13日

粕屋に一般社団法人経営研究会が発足して2か月。30代、40代の若い経営者で構成されているが、地元糟屋での活動が動き始めた。

毎月、地元の会社を訪問している。

6月は業歴百年を超える醤油メーカーで、昔からのたたずまいを残した建物の中で経営者から話を聞くことができたが、7月は自動車整備会社だった

整備業界は多くの会社が存続できない状態になっている。自動車メーカー、ディーラーの囲い込みが厳しくなって事業の範囲が狭くなった。

熾烈な競争に陥り利益が出ない状態が長く続いている。

大きな投資をして広い土地を準備し、数百台の中古車をずらりと並べて売り上げを拡大する手法を薦めているところもあるが、それをできるのは一部の企業にすぎない。

 

今回訪問した会社は、新規事業を積極的に展開して、その分野で年率200%の成長を続けている。

整備事業を柱に、その両脇を固めた事業モデルが完成していた。

新規事業はネットを最大限に活用したもので、高収益構造を作っている。

一方顧客管理システムや近隣へのチラシを使った活動などは、この分野で力を発揮している地元の小さな会社が担当している。

担当している会社は、車のことななると自然にこの会社を人に進めるようになった。

力関係を利用したものとは全く違った、信頼関係が出来上がっていた。

この日、訪問した経営研究会のメンバーも、この整備会社なら安心と、その場で整備を依頼していた。

この整備会社の社員は働けるなら何時迄もというシステムだ。72歳と70歳の現役社員がいた。

技術や知識の伝承が自然に維持される良いシステムだ。

社員の解雇で利益を確保する大企業の姿とは、明らかに違っている。

成長する会社を訪問すると楽しい発見がある。

7月13日(土)
中村哲医師DVD研究会を開催します

2013年7月9日

中村哲医師はアフガニスタンで医療活動を25年にわたって続けられている方です。

豊かな農業地帯だったアフガニスタンは、戦乱が続く一方で、大干ばつによって

その農地が干上がって、水も食料も手にできなくなった結果、100万人以上の

現地人が飢餓と病気に苦しむことになりました。

若い時から現地で活動している中村医師は、砂漠に水を引くために用水路の建設に

取り組み、7年間かけて農業を復活させることに成功しました。

その大事業は、現地の人たちと、現地にある資材と、そして日本に昔からある先人の

技術を使ったものでした。

不利な条件の中で、どのように事業を進めていったのか、その凄さも伝わってきます。

静かな闘志の人、中村医師の7年間の記録をDVDで観ていきます。

 

この講座は、8月10日(土)13時30分~15時3分に中村哲医師の講演会会が

天神の都久志会館で開催される予備知識のものです。

 

課題 中村医師7年間の記録

定員 4名まで (お一人でも開催しています)

場所 アサコ博多ビル10階 再生クラブ

会費 1000円 (8月10日の中村医師後援会に使わせていただきます)

 

 

7月11日(木)
致知研究会を開きます

2013年7月9日

毎週木曜日の午前8時から致知研究会を開催しています。

致知出版社の月刊致知が題材です。致知出版社は小さな出版社でしたが、

人間学を柱に経営者、芸術家、政治家、90歳、100歳の現役の方々など、

多彩な記事で埋められています。

この研究会では、毎週、一つの記事を中心に参加者で話し込むものです。

参加者は20代から60代まで幅広く、話題も広がっていきます。

座長を務めて頂くのはアークビルドの坂口社長で、神道や、仏教から

登山の話まで多岐にわたって魅力的です。

日本人の精神と将来に深い洞察力を示唆され、日本を悲観的にみることが

多い現在にあって優れた視点をもつ経営者です。

 

課題 月刊致知に学ぶ 人間学

定員 8名 

場所 アサコ博多ビル10階 再生クラブ

会費 1000円

 

 

7月11日(木)
経営研究会を開催します

2013年7月9日

7月11日、経営研究会を開催いたします。

この講座は経営者にとって必要な経営の原則を整理する場です。

経営者、特に創業者は、大きなエネルギーの塊といえますが、

時として、そのエネルギーが違った方向に使われていったりします。

また、同じ仕事を長く続けていると、環境の変化に対応できなくなることもあります。

そのようなときには、少し立ち止まって、足元から見直してみることも必要ですね。

 

課題 経営原則 (経営者にとって必要なこと)

日程 7月11日(木)10時~11時30分

定員 4名まで 

会費 1万円

場所 アサコ博多ビル10階 再生クラブ

 

 

7月10日 粕屋研究会

2013年7月9日

7月10日(水)は糟屋町で研究会を開催します。

一般遮断法人糟屋研究会が主催で、時々の話題を取り上げて、経営のヒントをつかむものです。

私たちの身の回りには、様々な分野で活動しておられる方々がいますが、その仕事の進め方は

どの方も、優れた経営者の姿と重なっています。

不利な受験と環境の中で、目的をもって事業に邁進する姿は、中小企業の経営者に大きな

エネルギーを伝えることでしょう。

 

日本列島を命の森づでつなぐ 宮脇昭さんの活動をDVDで観ながら、研究していきます。

世界で4000万本の木を植えてきた方ですが、80歳になっても、

その意欲はますます盛んに燃え上っています。

明治神宮の森を作ったのは本多静六博士他優れた生物学者の100年先を見据えた事業でした。

宮脇昭さんは、その流れを受け継いだ生物学者ですが、東日本大震災の被災地で森づくりを

推進しているところです。

日程 7月10日(水)午前7時~8時

場所 粕屋町 ハートボックス会議室

参加費 500円

 

7月6日
中村哲医師DVDを観ます

2013年7月4日

アフガニスタンで医療活動を続けている中村哲医師の7年の記録DVDを観ます。

大干ばつで砂漠化が深刻な現地で、医療活動よりも用水路の建設が先だと行動をお越し、

現地の人と知恵と現地の資材を使い、日本独自の古来の治水技術を導入して農地を回復することに成功。

その7年間の記録は、中小零細企業の経営者にとって、多くの示唆されるものがあります。

砂漠を農地に再生させ、50万人~60万人の生命を救うことになりました。

国際社会の経済制裁や空爆の中での活動です。

8月10日(土)には、中村哲先生ご自身の後援会を開催しますので、その予備知識を得てください。

 

日時 7月6日(土)10時~11時30分

場所 アサコ博多ビル 再生クラブ

会費 1000円 (これは8月10日の講演会に寄付させていただきます。)