経営は実戦活動です

2013年2月21日

経営計画を作る経営者は大勢います。計画書がなければ無能な経営者だといわれそうなくらいです。

最近、計画書などまったく作らない経営者にお会いする機会がありました。その方はまさに思いつくままま、走り回ることで成果を上げています。また地域に密着して仕事を進めようなどという感覚もまったくありません。

自分の感覚の感じるままに行動する方でしたが、お話を聞いていて時間がたつのも忘れるほどに、楽しいものでした。

改めて経営はシンプルなものだと思う時間でした。

 

計画はあくまでも計画にすぎません。どんなに緻密に組み上げられても、それは計画段階のことなのです。

経営は実戦の場で、どれだけ活動したかによって成果が生まれます。活動の量が成果の量になっています。

単純なことなのです。マラソンに例えるなら42キロを走る計画を立てます。これはどれだけでも緻密に計画することができますが、それは計画にすぎません。2時間経っても、5時間経っても、スタート地点からは一歩も前進しません。

しかし、少しずつでも走り出せば、もちろん歩いてでも、やがてゴールが見えてきます。

誰でも分かることです。走った距離だけ前進します。歩いた分だけゴールに近くなります。

経営は実戦の場面で活動した量だけ成果を手にします。とてもシンプルです。

活動の量だけ成果を手にするわけですが、間違った方向に走れば大きなロスを生じます。その量が多ければロスも多いということになります。収支が逆転すれば赤字になりますから、事前に計画が必要になります。

絵に描いた餅という言葉があります。餅を食べたければ実際に餅をつかなければなりません。実戦活動によって初めて食べることができ、満足することができます。

経営計画書を、絵に描いた餅にすぎないと批評する人たちがいますが、それは間違った表現でしょう。

本来、計画は計画にすぎないものなのです。計画は実戦の場で活動して初めて有効になるものだからです。

戦略は活動を伴って初めて成果を生み出します。計画倒れ、戦略倒れになるくらいなら、大まかな方向に向かってでも、走り出すほうがまだましですね。良くても悪くても、その分だけ成果として確認できるからです。