桜の生命力

2012年4月3日

桜吹雪

四月に入って一斉に桜が開花した。今年は満開になるのが早そうだと思った3日、朝から強い風で、時々雨交じりの荒れ模様になった。
各地から大型トラックが横倒しになったり、新幹線が止まったりのニュースが
入ってきた。博多駅も帰宅時間を迎えた電車のダイヤが乱れ、行列ができていた。
私もどうにか家にたどり着いたが、途中に大きな桜の木がある。
もう七分咲きだから、残念な思いで見ると、全くそのままの姿で咲き誇っている。盛りを迎えるまでのそのエネルギーはとても強く、凄い生命力だ。

毎年、桜は四月の青空に向かって、枝という枝にビッシリと盛り上がって、
花で覆われて満開を迎える。うきうきと気分を高揚させていく。
やがて最高潮に達した時、柔らかな春の風に、一斉に桜吹雪になっていく。

力の限りを尽くす。桜が散るのは、与えられたエネルギーを使い切った時なのだ。その生き切った姿こそが一瞬の桜吹雪なのだ。

桜の花は見かけほど弱くないことを初めて知った。