価格競争

2012年4月25日

私の顧客は全て中小零細企業ですが、価格競争についての相談がよくあります。

この場合の価格競争の意味は殆どが値引き競争のことです。値引き競争は現在のコストはそのままにして利益を削る競争のことです。当然、体力があるほうが有利に決まっていますから、勝負は初めから明らかです。中小零細企業に勝ち目はありませんから、規模が大きな相手とはさすがに戦うことは少ないようです。
ところが同じ中小零細企業だと価格競争の土俵に上がり、結果的に参加者全体がダメージを受ける不毛の戦いを続けてしまいます。

価格競争とは本来、技術革新の競争のことでしょう。様々な分野の革新によって生産体制も変わり、大きくコストを下げ、利益が確保されて、しかも販売価格の引き下げが起きることです。

その意味では人件費が安い国で生産するのは一部分の変化にしかならず、中小零細企業が取れる対策にはなりません。その国の人件費が上がれば、他に移動することになりますが、それを実行するほどの体力はもともとありません。

近年、リストラと称して人件費カットや、解雇によって利益を上げる手法が横行しましたが、これもまた間違った経営手法といえます。そこには革新ということがないからです。本来のリストラは再構築ですが、それをせずに、本当の改革や革新を積み重ねず、値引き競争に巻き込まれたり、時代の要請に応えることができず、最終的に人に手をつけたものです。

技術革新は経営が長く続くための条件です。100年企業が世界で最も多い日本が、間違った経営手法を導入した結果、混乱しているのでしょう。

利益を削る競争など企業にとっても社会にとっても、何の役にも立たないのです。そんな努力は無駄なことです。エネルギーのロスと考えるべきでしょう。