シェア

2012年5月30日

シェアが高くなると、どのようなことが起きるのだろうか。

それは経営がやりやすくなるのだ。
シェアが高くなると、当然認知度が上がる。認知度が上がると販売活動がしやすくなる。つまり売り上げが増えることに直結している。売り上げが増えると利益も増える。そしてその利益は同業者の2倍も3倍にもなることが分かっている。

この一連のことの検証も、そのための組み立て方も、ランチェスター経営(株)の竹田陽一先生が長年にわたって、社会に伝えてこられたので、多くの経営者が理解している。

ところが時々、間違った取り組み方をする経営者が出てくる。企業の大小を問わず、とんでもないことが行われている。

シェアを取るために、利益を度返しして乱売する。当然、シェア自体は高くなるが、同時に利益はどんどん減っていく。経営が悪化してく。それは架空売り上げに走るダメセールスと同じだ。ところが大企業でも、これと同じことをする。

シェアを上げるためには、商品力を上げる必要がある。客層も十分に検討しなければならない。もちろん地域に浸透するための活動も欠かせない。
そのための教育も必要なら、人員の配置も投入も考えなければならない。
様々な技術革新によってコストを下げ、十分な利益を確保することが欠かせない。時代を超えて、環境の激変にも耐えて、追及するものだ。

地に足がついてなければならない。企業の成長は成熟と一体のものでもある。経営者の価値観があますところなく表現されるものだ。

シェアとは経営の総合力の評価に他ならない。つまるところ、シェアは経営を、それぞれの立ち位置で極めることなのだ。一朝一夕にできないものなのだ。

だからこそ、シェアの価値があるのだ。