再生クラブのこと

2012年11月23日

再生クラブは専門家と自負する人たちのネットワークです。税理士、会計士など資格を持って企業と関わっている方、不動産のような大きな物件で専門知識を必要とする方、健康やスポーツや自然を通じて心身の開発をする方、店舗デザインや施工の専門家、ビルの管理の専門家、私のような経営者と関わるコンサルタントなど、本当に様々な分野でビジネスに取り組んでいる方々が、経営のサポートをしています。

 

私自身はランチェスター経営(株)竹田陽一先生にご縁があって、15年の永きにわたって、中小企業の経営者と向き合ってきました。それがコンサルタントとしての修業の日々と言えます。資格は何も持ちません。 

資格を持っている方の素晴らしさは、その資格を取るために多くの時間を投入して、その間、かなりの犠牲を払う事も厭わずに取り組まれたことにあります。もちろん、その結果、専門知識を修得されたという事実があります。私のような資格が無いものは、実戦での多くの経験と検証が必要な事は当然です。 

再生クラブは専門家のネットワークですが、ネットワークを作っている理由は簡単なことです。専門家というのは、その道の事に精通していますが、それはその分野に限定されるという弱点をもつからです。病院でいうと外科医と内科医はそれぞれ技術が異なっています。医療の基礎知識は共通ですが専門領域になると大きな差があります。 

経営では様々な課題が日々生まれてきますから、一つの分野の専門家では対応できないことが頻繁に起きます。ここまでは誰でも分かることですが、その時に起きる問題があります。 

これは極めて人間的な、感情的なものです。専門家は目の前にいる企業に一人で対応しようとすることです。その報酬を一人で得たいと思ったり、自分なら解決できる、対応できると思う事にあります。 

しかし専門家といえども能力には限界があることです。専門分野を超えられないことです。それはクライアントにとっては無意味なことです。課題を解決することが仕事ですから、一人で抱え込まない事が重要なのです。共同で対応するほど時間も短縮でき、良い結果を得ることができます。

私のネットワークでは、コンサルタントではない人達も加わっていますが、その方々は本業で大きな体験をし、それを解決した実績を持っています。それが他の経営者に役立つ十分の価値があれば、メンバーに加わっていただいています。 

メンバーはそれぞれの専門分野を持っていますが、同時に経営者の仲間でもあります。経営者としての苦労も充分に体験済みです。お互いが協力して、企業の課題解決に向き合っていこうという集団です。