インターネットは物を運ばない

2013年1月27日

インターネットは猛烈な勢いで進化していく。日常生活に深く関わって社会生活自体を変えて行く。 

インターネットは情報を世界中から運んできて、また世界中に運んでいく。それも時間と距離をゼロにしてしまう凄さだ。

 

だが、インターネットでは現物は運べない。商品や物を運べない。世界はおろか、目の前にあるテーブルから一ミリも運ぶことはできない。

 

災害地に物資を送るには車がいる。インターネットでは物が運べないのだ。自動操縦の車があれば移動は可能になるが、その車に乗せなければならない。

野菜は自分で車に乗ることが出来ない。災害地に野菜を送りたくてもインターネットでは運べない。

 

自力で動くことが出来ない物はインターネットでは運べない。 

野菜を効率よく届けるためにインターネットが使える。効率を良くすることはできる。 

無人操縦の探査機がある。武器として使われている。しかし探査機自体が無ければ飛ばすことはできない。宇宙衛星は最先端の情報と技術の塊だ。だが衛星本体が無ければ飛ばすことはできない。

 

結局、今のところ。人は物を創りだすことから抜け出すことはできない。

製造力では日本は勝てないというが、それは間違っている。

 

ものづくりが無ければ、どんな凄い情報があっても人は生きていけないのだ。